京都鱧料理【三栄】 | 冬はすっぽん鍋・ぐじ料理、かぶら蒸しが名物で人気のおすすめコースはランチでも可

鱧料理三栄店主のこだわり

京都鱧料理【三栄】 | 冬はすっぽん鍋・ぐじ料理、かぶら蒸しが名物で人気のおすすめコースはランチでも可

075-351-6992

〒600-8022
京都府京都市下京区河原町通四条下ル稲荷町319

京都鱧料理【三栄】 | 冬はすっぽん鍋・ぐじ料理、かぶら蒸しが名物で人気のおすすめコースはランチでも可
すっぽん鍋・かぶら蒸し・筍料理・鱧料理【三栄】の店主のこだわり

ホーム > 店主のこだわり > 店主のこだわり

店主のこだわり

本物の京のおせち料理をお取り寄せでいかがでしょうか

昨今の年末のおせち料理商戦を見ておりますと夏が

終わるか否かに「今なら10%オフで!」とかなんとか。

おせち料理ってそんな物でしたでしょうか?

「誰々監修」

というのも流行っておりますね。しかしながら、普通

に考えればお判りかと思いますが、大量生産され

冷凍保存されているおせち料理はほぼ同じ工場で生産

され、冷凍庫にストックされていきます。つまり誰が

監修しようとあまり変りがないのが実情で、名前貸しに

すぎません。

昭和九年創業の当店では祖父の代より12月25日より前に

おせち料理の仕込をしてはならぬという当然の習慣があり

私もクリスマスが済んだら「さぁおせち料理の仕込を」と

いうことで5日ほどですべての仕込みをし、最終調理を

して、地方に発送、京都市内に配達と、すべて手作り

すべて常温保存可能なものしか作りません。ですので

当然、「全然違う」とおっしゃっていただきますが

京都の古くからの料理屋の店内で作っているおせち

料理とはそれが当たり前でございます。是非一度

本物と呼ばれる、全然違うと云われるおせち料理を

お取り寄せされてみてはいかがでしょうか。

三栄おせち料理 二段重お取り寄せサイト

https://www.kyoto-wel.com/item/IS81307N00015.html

 

本物の京のおせち料理をお取り寄せでいかがでしょうか

京都の冬の味覚「若狭ぐじ」のぐじ三昧コースがおすすめ!

京都の北部、若狭湾で獲れるアカアマダイはその

名を「若狭ぐじ」と呼ばれる特別な取り扱いをさ

れている高級食材である。一本釣りかはえ縄漁で

揚がったアカアマダイしか若狭ぐじの資格がなく、

網で獲られたものは鱗がはげていたり、ストレス

を受けたりしているのでもう若狭ぐじの名を冠す

ることはできません。さらに1キロ以上の大型で

あり、厳重に温度管理されて運ばれた物だけが

港で「若狭ぐじ」のレッテルを貼られます。

さらに浜で背開きにし、手馴れた漁師の手により

ひと塩をした若狭ぐじはさらなる高級食材となり

ます。アマダイの名は身肉に甘味があることに

由来していて白身の魚で淡白な中にも味わいの

深い、大変美味しい魚です。 

アカアマダイはその角張った頭の形から

「屈頭魚(くつな)」

と呼ばれていましたが、それがなまって「くじ」

「ぐじ」と呼ばれるようになったといわれています。

つまり地方名の

呼び名なのです。そんな美味な高級魚を心ゆく

まで味わっていただくため、「ぐじ三昧コース」

に仕立てました。 いかにすればこのぐじの

「うまさ」をより引き立てお客様にお伝えできるか

試行錯誤の末のお献立でございます

 

ぐじ三昧コース 8品 12000円

(税込み13200円

  • 前菜
  • 若狭ぐじの糸造りポン酢
  • ぐじのかぶら蒸し
  • ぐじの若狭焼き
  • ぐじのみじん粉揚げ
  • 若狭ぐじ特製出汁小鍋
  • ぐじの小袖寿司
  • デザート小豆のムース

京都の冬の味覚「若狭ぐじ」のぐじ三昧コースがおすすめ!

~京都の冬の絶品すっぽん鍋~

★すっぽん旬菜御膳 7920円~

★すっぽん鍋 9900円

 

 【すっぽん鍋について誤解が・・・】

当店では冬になりますとすっぽんは欠かせぬ食材です。すっぽんと云いますと、あるお客様は「だって亀でしょ?」と嫌な顔されます。


まぁ亀と云ってしまえばそうなのでしょうが、亀とは明らかに違う進化を経て現在に至っています。そう、すっぽんは約1億年もの太古から現在の個体を保ち生き続けているのです。そして亀と明らかに違うのは硬い甲羅で体を覆っていないことです非常に攻撃性が強く、甲羅で身を守るよりも攻撃が先ということで、すっぽんの甲羅はあまり硬くありません。そして甲羅の周りにゼラチン質のヒレ上のものが付いていることも特徴です。そして日本人との係わり合いは物証として出ているもので申し上げますと縄文時代の集落跡地からすっぽんの骨が多数出土しておりその当時から、人々にとってすっぽんは大事な栄養源だったと推測されます。現在でもすっぽんの栄養価は群を抜いており、最近ではすっぽんの皮とヒレ部に多く含まれているコラーゲンのため女性に人気となっております。味で申しますと驚くほど良いスープが採れ、美味で動物性ではなく植物性の脂が摂取できます。また身は鶏肉のような感じであり全く臭みやクセなどはありません。ですので「亀・・・」といって嫌がられていたお客様も当店のすっぽん鍋を召し上がられると「すっぽんの概念が変わった、おいしい、毎日食べたいぐらい」とおっしゃります。どうぞこの冬には一度すっぽん鍋をお召し上がりください。

 

ご予約のお電話はこちらから

 

 

~京都の冬の絶品すっぽん鍋~

~全く違うかぶら蒸しが自慢~

★かぶら旬菜御膳 7370円~

★かぶら蒸し御膳(ランチメニュー) 3300円

 

【絶品!かぶら蒸し 当店の一押し商品です】 

— 当店独自!かぶら蒸しの奥義  —

京都の冬の味覚【かぶら蒸し】案外全国的にはマイナーな知名度の
「かぶら」しかし京都でかぶらといえば海老芋と双璧をなす冬の代表的な京野菜です。そのかぶらを使った京都の味覚が「かぶら蒸し」 しかしかぶら蒸しの手法は店舗によって色々ありますが、ほとんどのお店はかぶらのうまみが凝縮されているすり汁を捨てますが、当店では独自の手法にて、それをとじこめることに成功し、「これぞかぶら」を実現しております。なので「あんたとこのかぶら蒸しはよそと全然違うな」とよく言われます。是非一度絶品のかぶら蒸しをお召し上がりください。

 

ご予約のお電話はこちらから

 

 

~全く違うかぶら蒸しが自慢~
  • すっぽん鍋・かぶら蒸し・筍料理・鱧料理【三栄】の季節限定
  • すっぽん鍋・かぶら蒸し・筍料理・鱧料理【三栄】の昼食のお献立
  • すっぽん鍋・かぶら蒸し・筍料理・鱧料理【三栄】の夕食のお献立
  • すっぽん鍋・かぶら蒸し・筍料理・鱧料理【三栄】のお飲み物