京都【鱧料理三栄】の春は筍料理!人気の竹の子づくしコースはランチでもOKでおすすめ!

鱧料理三栄お品書

京都【鱧料理三栄】の春は筍料理!人気の竹の子づくしコースはランチでもOKでおすすめ!

075-351-6992

〒600-8022
京都府京都市下京区河原町通四条下ル稲荷町319

京都【鱧料理三栄】の春は筍料理!人気の竹の子づくしコースはランチでもOKでおすすめ!
すっぽん鍋・ぐじ料理、かぶら蒸し・筍料理・鱧料理【三栄】のお品書

ホーム > おすすめメニュー > ~京都の冬の絶品すっぽん鍋~

~京都の冬の絶品すっぽん鍋~

★すっぽん旬菜御膳 7920円~

★すっぽん鍋 9900円

 【すっぽん鍋について誤解が・・・】

当店では冬になりますとすっぽんは欠かせぬ食材です。すっぽんと云いますと、あるお客様は「だって亀でしょ?」と嫌な顔されます。

まぁ亀と云ってしまえばそうなのでしょうが、亀とは明らかに違う進化を経て現在に至っています。そう、すっぽんは約1億年もの太古から現在の個体を保ち生き続けているのです。そして亀と明らかに違うのは硬い甲羅で体を覆っていないことです非常に攻撃性が強く、甲羅で身を守るよりも攻撃が先ということで、すっぽんの甲羅はあまり硬くありません。そして甲羅の周りにゼラチン質のヒレ上のものが付いていることも特徴です。そして日本人との係わり合いは物証として出ているもので申し上げますと縄文時代の集落跡地からすっぽんの骨が多数出土しておりその当時から、人々にとってすっぽんは大事な栄養源だったと推測されます。現在でもすっぽんの栄養価は群を抜いており、最近ではすっぽんの皮とヒレ部に多く含まれているコラーゲンのため女性に人気となっております。味で申しますと驚くほど良いスープが採れ、美味で動物性ではなく植物性の脂が摂取できます。また身は鶏肉のような感じであり全く臭みやクセなどはありません。ですので「亀・・・」といって嫌がられていたお客様も当店のすっぽん鍋を召し上がられると「すっぽんの概念が変わった、おいしい、毎日食べたいぐらい」とおっしゃります。どうぞこの冬には一度すっぽん鍋をお召し上がりください。

 

ご予約のお電話はこちらから

 

 

京都すっぽん鍋老舗